ペルー フレディ・デ・ラ・オー 200g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ペルー フレディ・デ・ラ・オー 200g

¥1,480 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま(コーヒーミルをお持ちの方、香りが一番長持ち。)

  • 細挽き (モカポット、など)

  • 中挽き (ペーパーフィルター、コーヒーマシーン、贈り物、など)

  • 粗挽き (フレンチプレス、ペーパーフィルター、など)

  • その他 (ご希望の挽き具合を備考欄にご記入下さい。)

[about] ペルーに住んでいる人でさえこの地域のコーヒーを買った話をすると、「本当にワンカヨでコーヒーが栽培されているの?」と思ってしまうような場所にこの農園はあります。 農園へ向かう途中で通るポーラン渓谷は冷たい風が吹く山で植物がほとんどないアンデス山脈の典型的な景色が広がる地域です。この場所に住む人々はウールのマントや靴下を履き、ハットを被り山羊や羊を飼っています。さらに山頂には雪が積もっていることもあります。このようにコーヒーが育てられているとは想像もしえない場所を超えた先、驚くべきことに海抜2,200~2,400mの場所にまでコーヒー農園は広がっています。 生産者のフレディは41歳で5人の子どもたちがいます。2009年から奥さんと共にこの地域の他の農家と同様にコーヒーの栽培を開始しました。最初は小さな範囲でコーヒー栽培を行っていましたが、とうもろこしや豆類に病気が蔓延したことをきっかけに本格的な栽培が開始されました。 この地域では5月からなんと10月までの長い期間にわたり収穫期があります。これはこの地域が持つ特有の激しい寒暖差、降雨量、湿度や日照条件などのマイクロクライメットによるものです。 フレディーはAAVAPA(Asosiation de Agricultoresdel Valle Pauran)の一員で、3年前から他の19の農家と共にコーヒーの品質向上に取り組み始めました。彼らの地域は他の大きな街からだいぶ離れており輸送のコストがかかりすぎるため、市場価格で売ってしまうとお金にならないのでスペシャルティコーヒーのマーケットに参入することにしたのです。そして何人かはカップオブエクセレンスにも参加し入賞も果たしてい ます。 [tasting note] トロピカルフルーツ、アプリコット、アップル、レモンなど様々なフルーティーさが複雑に感じられるコーヒーです。後味の余韻も甘く、黒糖やメープルシロップのような風味が続きます。 Tropical fruits, apricot, apple, lemon, blueberry, tea like, molasses, milky