ケニア/カグモイニ 300g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

ケニア/カグモイニ 300g

¥2,680 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま(コーヒーミルをお持ちの方、香りが一番長持ち。)

  • 細挽き (モカポット、など)

  • 中挽き (ペーパーフィルター、コーヒーマシーン、贈り物、など)

  • 粗挽き (フレンチプレス、ペーパーフィルター、など)

  • その他 (ご希望の挽き具合を備考欄にご記入下さい。)

[about] カグモイニコーヒーファクトリーはケニアのニエリ地域のムランゴ郡 マチオヤ町 の近くにあります。 このファクトリーは、カマチャリア農協が所有しており、 6,100 人の小規模農家が SL28 を中心に、少量のバティアンとルイル 11 を栽培し ています。 カマチャリア農協では、会員のためにトレーニングセミナーを開催し、 良い農業の実践方法を教え、肥料の散布や施肥などのトピックをカバーしています。この生産地では、3月から5月までのフライクロップと、10月から12 月までのメインクロップの2回の収穫があります。 コーヒーはチェリーの状態でカグモイニコーヒーファクトリーに届けられ、到着後に果肉除去されます。果肉除去されたコーヒーは、一晩発酵させて糖分を分解した後、洗浄し、水に浸され、乾燥させるためのベッドに移し乾燥工程に入ります。 乾燥にかかる時間は、量、気候、周囲の温度によって異なります。ケニアのコーヒーは通常、ファクトリー、またはミルまで追跡が可能です。ほとんどの農家は 1 ヘ クタールの 1/8~1/4 を所有しており、コーヒー以外の作物も栽 培しています。生 産者はコーヒーチェリーをファクトリーに届け、協同組合が選別、計量、代金の支払いを行います。このシステムは1 ファクトリーあたり数百人から数十人の小規模農家が参加するため、生産者のトレーサビリティーは限られています。 [tasting note] 熟したチェリーを思わせる甘くフルーティーな風味、はち みつレモンのような爽やかな甘さ、紅茶を連想させる上品 さのあるコーヒー。口あたりは滑らかで、後味にはブラウ ンシュガーを思わせる甘い余韻が続きます。 Sweet cherry, stone fruits, red currant, honey lemon, tea like, brown sugar, round mouthfeel [info] 生産国 : ケニア 地域 :ニエリ 農園 :カマチャリア農協 品種 :SL-28, Ruiru 11, Batian 標高 :1,750 m 精製 : ウォッシュト ローストレベル:1(Light)