コスタリカ / ラ カンデリージャ マイクロミル  200g
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

コスタリカ / ラ カンデリージャ マイクロミル  200g

¥1,880 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま(コーヒーミルをお持ちの方、香りが一番長持ち。)

  • 細挽き (モカポット、など)

  • 中挽き (ペーパーフィルター、コーヒーマシーン、贈り物、など)

  • 粗挽き (フレンチプレス、ペーパーフィルター、など)

  • その他 (ご希望の挽き具合を備考欄にご記入下さい。)

コスタリカ / ラ カンデリージャ マイクロミル [about] ラカンデリージャは1997年のコー ヒー危機に際して生産者にミルをオープンするというアイデアから生まれたタラス地区最初のマイクロミルの1つで、2000年に設立しました。このミルは、タラス地区の7つの小規模農家によって設立された共同所有のマイクロミルです。 それを使用する生産者たちは、収穫したものをミルに届ける権利を所有しています。このロットは、ミルの創設者の一人であるリカルド・エルナンデス・ナランホからのもので、彼は農家 たちに「ミニベネフィシオ」を始めるべきだと提案した最初の一人です。ドン・リカルドは32年 間コーヒーを栽培しており、ラカンデリージャを利用する多くの生産者と同様に、コー ヒープロセシングに専念しています。 ドン・リカルドは、コスタリカ、ニカラグア、エルサルバドル、 ホンジュラス、パナマ、さらにタンザニアのベネフィシオでコンサルタントとして10年間働い ており、ミルの加工を改善し、コーヒーの品質についてさらに勉強しました。 「スペシャルティコーヒーの生産は、私が15年間勉強してきたものです」と彼は翻訳者を通して言います。「異なる品種の個性を引き出すのと同様、特別なロットのためにさまざまなプロ セスを開発する必要がありました。」彼はいくつかの異なる品種を栽培し、多くの方法でそれらを処理します。このティピカのフリーウォッシュトプロセスのように。 彼のコーヒーの木は豊かな湿った熱帯または亜熱帯地域にみられる肥沃な赤土で育ちます。この土壌には、炭酸カルシウムや石灰は含まれていません。熟したチェリーがミルに運ばれると、プロファイルと天候に応じて処理されます。 この 伝統的なウォッシュトプロセスではパルピングされたコーヒーは一晩タンクで醗酵し、その後水洗処理をして乾燥させられます。 [tasting note] 白ブドウを思わせる瑞々しいフルーティーさとジャスミンのような上品な香りが爽やかに感じられるコーヒー。後味には甘いスパイスのニュアンスやブラウンシュガーを思わせる余韻が続きます。 White grape, jasmine, tea like, juicy, sweet spice, brown sugar, mint {info} 生産国:コスタリカ 地域 :タラス 農園 :カタラタ農園 品種 :ティピカ 標高 :1,400 - 1,900 m 精製 :フリーウォッシュト ローストレベル;1(Light)